尿素化粧品やリハビリメイクのポイントを解説

デトックスは健康法や代替医療の1つ

美容外科(Cosmetic Surgery)というものは、ヒトの身体の機能上の欠損や変形を修復するよりも、もっぱら美意識に基づく身体の外見の向上に取り組むという医学の一種であり、自立している標榜科目である。
「デトックス」というワード自体はそんなに目新しいものではないが、結局は「健康法」や「代替医療」のひとつだと捉えており、医師による治療とは別物であると知っている人は意外なまでに多くないのである。
ビタミンA誘導体であるレチノイン酸を用いた治療は、色素の濃いシミをいち早く薄く見せるのにとても効果のある治療法で、老人性色素斑(老人性しみ)・炎症後色素沈着(PIH)・30~40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・しつこいニキビなどに高い効果があります。
お肌の奥深くで生み出された細胞は時間をかけて皮ふの表層へと移動し、しばらくすると肌表面の角質となって、約28日経てば自然に剥がれ落ちます。こうした仕組みがターンオーバーと呼ばれています。
ネイルケアは、手足の爪や指の手入れを指す。ヘルスケア、美容、ファッション、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質(クオリティオブライフ)の保全など多くのジャンルがあり、今やネイルケアは一つの確立された分野となっているのは言うまでもない。

 

尿素化粧品やリハビリメイクのポイント

尿素(urea)の溶けた水とグリセリン(glycerine)にヒアルロン酸を混ぜた美肌水は保湿力が高いため皮膚に優しく、皮ふが乾燥しやすい人に適しています。防腐剤や芳香剤など余分な成分を使用していないため、お肌の敏感な方でも使うことができます。

リハビリメイク(Rehabilitation Makeup)には、肉体的にダメージをこうむった人のリハビリと同様、容姿に損傷をこうむった人が社会復帰するために習う技法という意味が含まれています。
女性誌や美容の本には、顔が小さくなる、肌がきれいになる、痩せられるし、デトックスすることができる、免疫の向上など、リンパ液の流れを良くすればすべて好転する!という華やかな内容の謳い文句が書かれている。
さらに毎日のストレスで、心の中にも毒はどんどん蓄積してしまい、同時に体の不調も起こしてしまう。こうした「心身ともに毒まみれ」というような感覚が、苛まれた現代人をデトックスに駆り立てている。
美容の雑誌や本には、小顔になる、肌が美しくなる、ダイエット成功、デトックス作用、免疫アップなど、リンパの流れを良くすればすべて好転!などという謳い文句が並んでいる。

 

歯を美しくするにはきめ細やかなブラッシングが重要

歯を美しく維持するために、奥歯の裏側まで丁寧に磨くことを肝に銘じて。キメ細やかな泡立ちの歯磨き粉と毛先の口当たりがソフトなブラシを選んで、心を込めたケアをするようにしましょう。
ことさら夜間の歯みがきは大事。溜まっているくすみを除去するため、夜はちゃんと歯磨きしましょう。ただし、歯磨きは何度も行えば良いというものではなく、1回1回の質に配慮することが肝心なのです。

運動や入浴でたくさん汗をかいて体の中の水分量が減ると尿が減らされて代わりに汗用の水分が備蓄され、このだぶついた水分が使用されずに結果としてむくみの原因になっているということです。
普段から習慣的に爪の健康状態に配慮しておくことで、分かりにくいネイルの異常や体の異変に配慮し、もっと自分にふさわしいネイルケアを実践することができるはずだ。
肌の生成に欠かせないコラーゲンは、太陽からの紫外線に当たったり物理的なダメージを頻繁に受けたり、日常生活のストレスが澱のように溜まったりすることで、崩壊し、更には作ることが困難になっていくのです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました